MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】12/26(土)B.LEAGUE 2020-21シーズン B1リーグ 第15節 vs 信州ブレイブウォリアーズ

[2020.12.26] 【試合結果】12/26(土)B.LEAGUE 2020-21シーズン B1リーグ 第15節 vs 信州ブレイブウォリアーズ

12/26(土) 新潟 67-76 信州





■スコア
新潟アルビレックスBB 67-76 信州ブレイブウォリアーズ

1Q 15-21
2Q 9-15
3Q 24-28
4Q 19-12


■スターディング5
「新潟」
#7 五十嵐圭
#21 納見悠仁
#23 佐藤公威
#25 ロスコ・アレン
#42 ジェイソン・ウォッシュバーン

「信州」
#8 西山達哉
#19 大崎裕太
#31 三ツ井利也
#50 ウェイン・マーシャル
#55 アンソニー・マクヘンリー


■主な個人成績
#5 アレン・ダーラム 15得点、12リバウンド、1アシスト
#7 五十嵐圭 4得点、3リバウンド、4アシスト
#13 柏倉哲平 3リバウンド、6アシスト
#19 西田優大 6得点、1リバウンド、1アシスト
#21 納見悠仁 3得点、1リバウンド
#23 佐藤公威 3得点、2リバウンド
#25 ロスコ・アレン 22得点、10リバウンド、1アシスト
#33 林翔太郎 1アシスト
#42 ジェイソン・ウォッシュバーン 14得点、3リバウンド、2アシスト




■試合後コメント
【福田将吾ヘッドコーチコメント】
今日は出だしから0-6と重たい流れで入ってしまいました。特に前半は相手に中を守られ、インサイドアウトの形ではなく外だけでボールを回して打つということが多く、そこで得点が止まってしまいました。後半は、インサイドにアタックすることでレイアップやファウルをもらうシーンが増えたので、明日も継続してやっていかなければいけないです。ディフェンスの部分でフィフティーフィフティーボールも含めてここでというところで拾えていれば2点、4点、6点と得点が繋がりましたし、外国籍選手のターンオーバーが起きたときに彼が戻ってこなかったところで相手の外国籍選手に走られてしまったので、しっかりそこの部分もタフにチームになって、それぞれがお互いを信じあって、一つのチームになれれば明日の試合に勝てる可能性は大きいと感じています。

【#5 アレン・ダーラム選手コメント】
Q.今日の試合を振り返っていかがですか。
前半の部分に関してはゲームプランをみんなで話し合ったうえでゲームに臨みましたが、オフェンスにしてもディフェンスにしてもうまくいかない時間が多かったです。後半に関しては改めてチームが一つになって、みんなが連動して動くことができました。ディフェンスもしっかり相手にプレッシャーを与えてそこからミスを誘い、流れを引き込めたのかなと思います。

【#19 西田 優大選手】
Q.初めて出場した感想を聞かせください。
特別指定は経験していましたが、初めてのプロはやはり緊張しました。ただ消極的にはならないようにしようと、思いっきりのいいプレーを心がけていました。またインテンシティあげてアグレッシブにとヘッドコーチからあったので、それを体現しようと心がけていました。






■見逃し配信はこちらから
https://basketball.mb.softbank.jp/lives/6088


■次節以降のご案内
1月2日(土) vs 京都ハンナリーズ(アオーレ長岡)
1月3日(日) vs 京都ハンナリーズ(アオーレ長岡)
1月23日(土) vs 大阪エヴェッサ(アオーレ長岡)
1月24日(日) vs 大阪エヴェッサ(アオーレ長岡)
1月27日(水) vs 富山グラウジーズ(富山市総合体育館)



▶チケット購入はこちらから https://bleague-ticket.psrv.jp/games/NA

▶バスケットLIVE登録・視聴はこちらから https://stn.mb.softbank.jp/o4P8B

オフィシャルユニフォーム&ウェアパートナー

オフィシャルパートナー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告パートナー

睡眠サポートカンパニー

オフィシャルリカバリーウェアサプライヤー

サポートカンパニー

自動販売機設置店