MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】10/18(日)B.LEAGUE 2020-21シーズン B1リーグ 第3節 vs滋賀レイクスターズ

[2020.10.18] 【試合結果】10/18(日)B.LEAGUE 2020-21シーズン B1リーグ 第3節 vs滋賀レイクスターズ

10/18(日)新潟93-99滋賀


■スコア
新潟アルビレックスBB93-99滋賀レイクスターズ
1Q 10-19
2Q 18-22
3Q 25-13
4Q 27-26
OT 13-19

■スターディング5
「新潟」
#5 リチャード・ヘンドリックス
#7 五十嵐圭
#13 柏倉哲平
#25 ロスコ・アレン
#33 林翔太郎

「滋賀」
#1 村上駿斗
#4 狩俣昌也
#5 ジョーダン・ハミルトン
#7 晴山ケビン
#12 アンガス・プラント

■主な個人成績
#5 リチャード・ヘンドリックス 22得点、8リバウンド、4アシスト
#7 五十嵐圭 9得点、3リバウンド、6アシスト
#13 柏倉哲平 6得点
#21 納見悠仁 6得点、3リバウンド、7アシスト
#23 佐藤公威 5得点
#25 ロスコ・アレン 36得点、9リバウンド、3アシスト
#33 林翔太郎 9得点、2リバウンド

■試合後コメント
【福田将吾ヘッドコーチ】
前半は選手をローテーションして起用すると決めていましたが、うまく形に繋がらずにビハインドを背負いました。後半は主力選手がカムバックしてくれて延長戦までもっていってくれました。最後は正直、完全にガス欠でした。ここは私の責任でもあります。タイムシェアできてない、相手は外国籍選手3人をローテーションで使っている中で、私たちはロスコが45分、ヘンドリックス42分、林が36分と選手のプレータイムで偏りがありました。オーバータイムになった時に厳しくなるというのは分かっていました。最後はロスコにフィニッシュを託しましたが、彼も疲れがあり決めきれませんでした。ですが、ここまで試合を戻してくれた部分に関しては選手を誇りに思いますし、これからもっと伸びてくると思います。

【#7 五十嵐圭選手】
Q. 今日の試合を振り返っていかがでしたか?
出だしが良くなかったですしチームのエネルギーもない中で、後半はしっかり気持ちを切り替えてプレーはできましたが、大事な場面でのディフェンスで相手の外国籍選手のツーメンゲーム、特にオーバータイムに入ってからのディフェンスの対応が少し難しかったです。マンツーやゾーンディフェンスをしてみたりしましたがなかなかディフェンスが機能しなかったです。こういった試合はディフェンスをしっかりやらなければ勝てないと思うのでそういった部分が出てしまいました。

Q第3クォーターのご自身のプレー、チームのプレーでどこが良かったですか?
個人的には前半にボールのタッチが少なかったので、後半はなるべくボールタッチを多くやりたいなと意識をしていました。オフェンスとしてはいい形もできていましたが、まだ自分たちがやろうとしているバスケットがまだ明確になっていません。タイムアウト後もヘッドコーチから指示があったプレーをなかなか遂行できず、最終的に1対1のシチュエーションになってしまいました。自分たちがコールをしているセットオフェンスもできているときは得点やいいシュートに繋がっていますが、遂行力がかなり低く、最終的にはどこかでプレーが変わってしまい、タフショットになってしまいます。そういったところをしっかり組み立てていかないと難しいと思います。

【#25 ロスコ・アレン選手】
Q.今日の試合を振り返っていかがでしたか?
今日はとてもタフな試合でしたし、ホームで2連勝を届けたかったですが残念ながら負けてしまいました。前半で相手チームがシュートをコンスタントに決めてきたり、自分たちのプレーも思うようにできませんでした。後半は自分たちのビックショットやビックプレーなどでチーム全体で点差をカムバックできましたが、最終的には最後のところで勝つことが出来なったことが残念でした。

Q.今日の試合で学んだことはありますか?
クロスゲームになった時に自分たちのプレーをどう遂行するか、プレーのクオリティが大事になってくると実感しました。チームとして初めてのオーバータイムだったので、次同じシチュエーションになった時はしっかり勝てるようにそこも準備していきたいです。

 

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店