MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】9/19(土)2020-21プレシーズンゲームvs千葉ジェッツ

[2020.09.19] 【試合結果】9/19(土)2020-21プレシーズンゲームvs千葉ジェッツ

9/19(土)新潟76-96千葉


■スコア
新潟アルビレックスBB76-96千葉ジェッツ
1Q 20-22
2Q 9-30
3Q 21-24
4Q 26-20

■スターディング5
「新潟」
#5 リチャード・ヘンドリックス
#7 五十嵐圭
#21 納見悠仁
#25 ロスコ・アレン
#33 林翔太郎

「千葉」
#2 富樫勇樹
#5 田口成浩
#14 佐藤卓磨
#21 ギャビン・エドワーズ
#22 セバスチャン・サイズ

■主な個人成績
#5 リチャード・ヘンドリックス 10得点、11リバウンド、4アシスト
#7 五十嵐圭 13得点、4リバウンド、4アシスト
#21 納見悠仁 11得点、3リバウンド、5アシスト
#23 佐藤公威 6得点
#25 ロスコ・アレン 26得点、11リバウンド
#32 池田雄一 6得点
#33 林翔太郎 4得点

■コメント
【福田将吾ヘッドコーチ】
今日の出だしは非常に良かったです。スタッツを見ても2Qの部分が課題になっていて、
越谷戦でもそういった場面がありましたが、リチャード選手、ロスコ選手が下がり、セカンドユニットがどう繋いでいくか、そういったところが大事になってくると思いますので、今回はそういったところの課題が、ひとつ大きく露呈してしまったなと思います。しかしながら、前回の越谷戦から時間は短かったですが、オフェンスの終わり方だったり、共通理解の部分は進歩も見えたので、我々は本当にできたてのチームなのでプレシーズンゲーム、練習を一個一個を積み重ねて成長していくチームなので、また明日、今日のゲームを糧にしてさらにステップアップしていきたいなと思います。

【#7 五十嵐圭選手】
Q.今日の試合の感想と富樫選手とのマッチアップについての感想
点差としては20点差ではありましたが内容的にはもっと点差がついてもいいような内容だったと思うのでもちろん、満足はしていないです。その中で1Qでは今までのプレシーズン4試合やってきた中でもそれなりに形にはなってきたかなっていう部分に関してはよくなってきたかなと思います。
富樫選手とのマッチアップについては、今回が初めてではないですし、今までも何度もマッチアップしてきた中で、相変わらずいいプレーをしてたと思いますし、千葉の今季やりたいバスケットを引っ張っているイメージはありました。

Q.千葉との差をどう感じましたか?
スピート感であったりとかスタメンの選手、控えの選手含めて誰が出てきてもスピード感が落ちていなかったですし、特にディフェンスの強度もすごく高かったです。外国籍選手のディフェンスの強度だったり運動量っていうのも高かったので、全体的にレベルが高い、千葉自体がBリーグの中で強豪チームですし、選手の入れ替わりがあった中でもしっかりとチーム作りをしてきているな、という印象です。

【#25 ロスコ・アレン選手】
Q.試合の振り返り
普段から、個人のスタッツというよりは、試合に勝つということを意識しています。千葉が強いチームということは知っていたので、いつもよりもアグレッシブルにリバウンドに参加することを意識しました。その結果、いくつか得点に繋げることができました。ただ、自らプレーしたというよりも周り(五十嵐選手、ヘンドリックス選手、納見選手)からのアシストがあって、26得点という結果に繋がったと思っています。
 
 

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店