MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】9/5(土)2020-21プレシーズンゲームvs秋田ノーザンハピネッツ

[2020.09.05] 【試合結果】9/5(土)2020-21プレシーズンゲームvs秋田ノーザンハピネッツ

9/5(土)新潟54-97秋田


■スコア
新潟アルビレックスBB54-97秋田ノーザンハピネッツ
1Q 18-27
2Q 15-18
3Q 9-28
4Q 12-24

■スターディング5
「新潟」
#5 リチャード・ヘンドリックス
#7 五十嵐圭
#25 ロスコ・アレン
#32 池田雄一
#33 林翔太郎

「秋田」
#3 大浦颯太
#17 中山拓哉
#21 長谷川暢
#22 多田武史
#43 カディーム・コールビー

■主な個人成績
#5 リチャード・ヘンドリックス 12得点、6リバウンド、2アシスト
#7 五十嵐圭 7得点、2アシスト
#21 納見悠仁 6得点、10リバウンド、2アシスト
#25 ロスコ・アレン 11得点、5リバウンド
#33 林翔太郎 16得点

■試合後コメント
【福田将吾ヘッドコーチ】
1Qの入りで秋田のプレッシャーにかなり慌ててしまい、ターンオーバーから走られる場面も非常に多く、そこで27点の失点を取られました。2Qはだいぶイーブンに持っていけましたが、後半はリチャードとロスコのプレータイムがかなり伸びており、秋田もオンザコート1で来ていたので、我々も併せて戦いました。しかし、うまく出だしがはまらずに一気に流れを持っていかれました。
課題は、ターンオーバーの数とオフェンスリバウンドを相手が23とっているので、完全に私たちのやりたかったバスケットを秋田にやられました。そういった意味では非常に情けない試合をしてしまいましたが、明日に対して課題や得るものは多かったので、明日の試合に向けしっかり修正を入れて臨みたいです。

【#7五十嵐圭選手】
Q.新チームで試合をやり課題は何でしたか。
今シーズン初めてのプレシーズンゲームでヘッドコーチ含めスタッフ・選手が大幅に入れ替わった中での試合、外国籍選手も合流して間もない試合だったので自分たちとしても、7月から練習してきてコートの中でどれだけ発揮できるかという中で、結果としても練習してきたことが出せませんでした。

Q.自身のプレーを振り返っていかがですか。
もう少し得点に絡んでいかなければいけないし、相手のディフェンスのプレッシャーに対して少し引いてしまった部分あったので、ディフェンスのプレッシャーに負けないようにオフェンスをしっかり組み立てていかなければならないなと思いました。

【#32 池田雄一選手】
Q.今日の試合を振り返って
試合ができたことはよかったと思います。内容としては、ディフェンスもオフェンスも自分たちのやりたことが全くできなかったので課題だらけの試合でした。

Q.具体的な課題は何ですか
相手のプレッシャーで自分たちの準備してきたオフェンスやディフェンスが全くできない状況でした。まずはそこをしっかりしていかなければならないなと思います。
1試合目なので下を向かずに前を向いてやっていきたいです。

【#33 林翔太郎選手】
Q.今日の試合を振り返っていかがですか。
久しぶりの試合だったので楽しかったです。結果としては不甲斐ないものになってしまいましたが、チームとしてもまだ始動したばかりなので、今日の反省点を明日の試合に繋げられたらいいなと思います。

Q.自身のプレーを振り返っていかがですか。
打てるところは打っていくと福田ヘッドコーチからも言われていたので、打てるタイミングでシュートは打てていましたし、レイアップを決めることが出来たりと自分の持ち味を出していくことができましたが、相手のプレッシャーに対してもっとクリエイトしていくということができていなかったので、明日の試合ではそこを意識していきたいです。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店