MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】1/29(水)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第20節vs三遠ネオフェニックス

[2020.01.30] 【試合結果】1/29(水)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第20節vs三遠ネオフェニックス

1/29(水)新潟89-80三遠

 

■スコア
新潟アルビレックスBB89-80三遠ネオフェニックス
1Q 28-16
2Q 18-18
3Q 22-16
4Q 21-30

■スターディング5
「新潟」
#0 エグゼビア・ギブソン
#7 五十嵐圭
#22 上江田勇樹
#30 今村佳太
#33 ニック・パーキンズ

「三遠」
#0 #河村勇輝
#1 #ロバート・ドジャー
#4 #寺園脩斗
#21 #菅野翔太
#32 #ミッケル・グラッドネス

■主な個人成績
#33 ニック・パーキンズ 24得点、16リバウンド
#0 エグゼビア・ギブソン 17得点、5リバウンド、4アシスト
#30 今村佳太 15得点、3リバウンド
#7 五十嵐圭 12得点、7アシスト
#3 柏木真介 5得点
#14 石井峻平 5得点
#22 上江田勇樹 5得点


■試合後コメント
【庄司和広ヘッドコーチ】
平日開催にも関わらずたくさんのお客様にご来場していただき本当に感謝しています。
試合は選手がエネルギーを出してプレーをしてくれました。1Qはとても良かったですが、2Qでターンオーバーから良い流れを切ってしまいました。3Qで素晴らしい入りをしたにも関わらず、4Qでいらないターンオーバー、チームとしてやらなければいけないことを疎かにしてしまいホームランプレーをしてしまった結果、こういった試合になってしまいました。そこはとても残念でしかありません。こういったことを繰り返していると上位チームに勝つことが出来ないので、チームとしてやるべきことの大切さをもう一度再確認していきたいです。こういったゲームをクロスマッチにしてしまうというのは残念でしかないので、修正出来るようにしていきたいです。

【#3 柏木真介選手】
(今日の試合はいかがでしたか?)
試合の入りが良く、全体を見てもいい展開だったのではないかなと思います。うちが点差を開くというゲームに持っていくのは今シーズンないので、そこはいい経験になりました。そして20点差をつけたにも関わらず、終盤に点差を詰められるという展開も含めいい経験になりました。

(次はアウェイ戦となりますがいかがですか?)
次が本当に大事な試合になるのではないかなと思います。前回2連勝しているというイメージを持っていると思いますが、名古屋Dも外国籍選手が変わっていますし、同じイメージでやってしまうと痛い目を見ると思います。しっかりリセットして臨みたいです。

【#7 五十嵐圭選手】
(今日の試合を振り返っていかがですか?)
試合の入りは良かったですが、2Qで点差を詰められてしまいました。3Qで良い入りができあれだけ点差を開いたにも関わらず追いつかれてしまって、今シーズンの自分たちの弱さが出た試合でした。勝ったので良かったですが内容的には全然良くなかったです。これが上位チームだったら負けていた試合でした。今の自分たちの実力を認めながら、試合を重ねていくことが大切かなと思います。

(4Q追い上げられている中でも3Pシュートを冷静に決めたりフリースローも確実に決めるなど、あの時の心境はいかがでしたか?)
自分の役割はポイントガードでもあり、今の新潟のチームでは得点の部分でも求められています。このチームを自分が引っ張っていかないといけないという想いもある中で、どの試合もそうですが、ああいったシチュエーションではフリースローをしっかり決めきるというのを頭に入れながらプレーをしています。

(河村選手と対戦してみていかがでしたか?)
先週からBリーグでプレーをして、高校生の時のプレーも見ていたこともありましたし、今日対戦できるということは僕自身も楽しみにしていました。年齢差がある中で彼のスピードやシュート力は今日対戦して改めてレベルの高い良い選手だと感じました。今後いろいろな経験を積んでいって、日本を背負うような選手になっていってくれたらと思います。


オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店