MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】11/16(土)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第9節 vs宇都宮ブレックス

[2019.11.16] 【試合結果】11/16(土)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第9節 vs宇都宮ブレックス

11/16(土)新潟63-80宇都宮


■スコア
新潟アルビレックスBB63-80宇都宮
1Q 16-23
2Q 13-11
3Q 16-20
4Q 18-26

■スターディング5
「新潟」
#7 五十嵐圭
#18 森井健太
#22 上江田勇樹
#33 ニック・パーキンズ
#34 ラモント・ハミルトン

「宇都宮」
#6 比江島慎
#13 渡邉裕規
#18 鵤誠司
#22 ライアン・ロシター
#42 シャブリック・ランドルフ

■主な個人成績
#34 ラモント・ハミルトン 16得点、14リバウンド、3アシスト
#7 五十嵐圭 11得点、3リバウンド
#3 柏木真介 10得点、2アシスト
#33 ニック・パーキンズ 9得点、9リバウンド、2アシスト
#18 森井健太 7得点、4アシスト
#22 上江田勇樹 5得点
#32 池田雄一 5得点

■試合後コメント
【庄司和広ヘッドコーチ】
長岡アオーレでの開催でたくさんのお客様がご来場頂いたのにも関わらず、このような負けになってしまい非常に申し訳なく思っております。
ゲームは、すごく宇都宮さんはシュートの確立が高かったですが必ず落ちてくると思っていましたので、自分たちのディフェンスをしっかりと丁寧にやれば必ずクロスゲームになるという話をしていました。今日のプランの中では、レイアップを止めたいということで練習してきました。しかし、ハンドラーが止まってないのに戻ってしまう傾向があり、1試合を通してどうしても遂行できなかったので、レイアップの数が非常に多くなりました。そこを明日はしっかりと止めていきたいです。そして、3Qでは良いエナジーのなかで追いついたにも関わらず、最終的に自分たちのアウトナンバーをターンオーバーから相手にイージーレイアップ、そしてアウトナンバーをスリーポイントでロングリバウンドからトランジションというのが続いてしまいました。そこで相手の苦しむジャッジをしなければいけないという話が一つです。あとは、点差以上に自分たちのやるべきことをしっかりやれればチャンスはあるとみんな分かっているので、自分たちの遂行するところをもう少し高めて、明日は60点台のゲームにできるように頑張っていきたいと思います。

【#7 五十嵐圭選手】
(今日の試合を振り返っていかがですか?)
前半の出だしがあまり良くありませんでしたが、2Qで少し詰めることが出来ました。3Qでは同点まで詰めましたが、そこから攻めることは出来ていましたがフィニッシュがうまく決まらず、相手に走られてしまいました。4Qの最後は相手のオフェンスから高確率のアウトサイドが入ってしまい、最終的に17点差という結果になりました。

(2Qは守備からから流れを引き戻した感じがありましたがどこが良かったですか?)
インサイドとアウトサイドのバランスがうまく取れていました。しかしアシストを見ると僕もアシストしていないですし、パスが入っていてもそこからのフィニッシュが少なく、チームとしてのアシストも増えていないので、そこは宇都宮のように決めきれるようにならないといけないと思います。
 

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店