MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】11/9(土)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第8節 vsサンロッカーズ渋谷

[2019.11.09] 【試合結果】11/9(土)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第8節 vsサンロッカーズ渋谷

11/9(土)新潟72-83SR渋谷


■スコア
新潟アルビレックスBB72-83SR渋谷
1Q 19-17

2Q 14-19
3Q 14-27
4Q 25-20

■スターディング5
「新潟」

#7 五十嵐圭
#22 上江田勇樹
#30 今村佳太
#33 ニック・パーキンズ
#34 ラモント・ハミルトン

「SR渋谷」
#1 関野剛平
#2 セバスチャン・サイズ
#9 ベンドラメ礼生
#10 チャールズ・ジャクソン
#16 渡辺竜之佑

■主な個人成績

#33 ニック・パーキンズ 17得点、5リバウンド、3アシスト
#34 ラモント・ハミルトン 11得点、8リバウンド
#11 鵜澤潤 10得点、3リバウンド
#30 今村佳太 9得点、3アシスト
#7 五十嵐圭 7得点、3リバウンド、4アシスト
#3 柏木真介 5得点、3リバウンド、3アシスト
#18 森井健太 5得点、5アシスト
#22 上江田勇樹 5得点
#32 池田雄一 3得点
 


■試合後コメント
【庄司和広ヘッドコーチ】

たくさんのお客様の前でプレーをさせていただきありがとうございます。
ゲームは、2Qオフィシャルタイムアウト前までは良いディフェンスが出来ていましたが、その後は自分たちで良い流れを切ってしまいました。ビッグプレーをしようとしたり、チームルールとは違うことをやろうとしてしまい、ターンオーバーが増え、リズムを切ってしまうことが多かったです。今シーズンそういったプレーが多く、チームルールから外れた時に修正が効かなくなってしまうことが多くありました。特に3Qでは、ターンオーバーからの失点が多くなり、セカンドチャンスなど警戒していたところを全て出されてしまい、流れを切ることが出来なかったことが今日の敗因です。明日はしっかりチームルールを徹底できるようにしていきます。


#7 五十嵐圭選手コメント】
(今日の試合を振り返ってどうですか?)
試合の入りもあまりよくなかった中で、2Qで立て直して少しリードを奪った時から消極的になってしまい、そこからミスが続いてしまいました。後半は自分たちのやりたいプレーが出来ずに、相手のやりたいプレーをやられてしまいました。

(2Qタイムアウト以降に消極的になってしまった要因は何でしょうか?)
相手のファウルがかさんでいた中で自分たちからファウルをもらいにいくようなプレーをしてしまい、プレーが雑になってしまいました。そこから相手に簡単に得点を決められてしまったり、オフェンスリバウンドを取られてしまったり、自分たちのミスから得点を取られてしまったりと自滅してしまいました。
 
(SR渋谷と対戦をしてみていかがでしたか?)
相手どうこうというよりも、まずは自分たちのバスケットをコートから出していく、どういうバスケットをやりたいかがここまでやってきて明確になっていないので相手ももちろん気にしますが、まずは自分たちのプレーをすることからです。そこが自分たちの一番の課題です。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店