MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】10/23(水)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第5節 vs横浜ビー・コルセアーズ

[2019.10.24] 【試合結果】10/23(水)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第5節 vs横浜ビー・コルセアーズ

10/23(水)新潟85-91横浜


■スコア
新潟アルビレックスBB85-91横浜ビー・コルセアーズ
1Q 22-14

2Q 11-14
3Q 15-23
4Q 23-20
OT1 7-7
OT2 7-13

■スターディング5
「新潟」
#3 柏木真介

#7 五十嵐圭
#30 今村佳太
#33 ニック・パーキンズ
#34 ラモント・ハミルトン

「横浜」
#2 橋本尚明
#7 レジナルド・ベクトン
#10 アキ・チェンバース
#21 田渡凌
#42 ジェイソン・ウォッシュバーン

■主な個人成績
#30 今村佳太 26得点、5リバウンド

#33 ニック・パーキンズ 24得点、13リバウンド
#34 ラモント・ハミルトン 16得点、10リバウンド
#3 柏木真介 7得点、3リバウンド、6アシスト
#7 五十嵐圭 2得点、4リバウンド、6アシスト

 


■試合後コメント
【庄司和広ヘッドコーチ】
前回の北海道戦でディフェンスの強度が低かったので、ディフェンスを昨季と同じマインドでやっていこうという中で試合をしてきました。ゲームの入りは非常に素晴らしかったです。ですが、ターンオーバーからのイージーレイアップなどで良い流れを自分たちで切ってしまう傾向が非常に強いです。試合を通してプレーの質の低さが課題になっています。コート内いる選手が常に同じレベルでプレーを遂行しなければいけないので、そこの底上げがとても大事になってきます。横浜の素晴らしいパフォーマンスの中でリバウンドを取り切れない、シュートを決めきれなかったところが今日の敗因です。しっかりチームとしてステップアップ出来るようにしていきます。

【#30 今村佳太選手】
(今日の試合を振り返っていかがですか?)
前半はディフェンスを我慢することが出来ましたが、後半は1つ1つのプレーを大事にすることが出来ませんでした。何度か得点を離せる場面もありましたが、そこの取りこぼしがあり、それがズルズルと続き、こういった試合展開になりました。

(自信のパフォーマンスはいかがでしたか?)
得点では貢献することが出来ましたが、他の選手を活かすことやディフェンスをもっとハードにやることが出来たので、まだ自分のやれることは多くあります。もっと自分に厳しく、まだまだシーズンも続くので切り替えてプレーしていきたいです。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店