MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】10/14(月・祝)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第2節 vs川崎ブレイブサンダース

[2019.10.14] 【試合結果】10/14(月・祝)B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ 第2節 vs川崎ブレイブサンダース

10/14(月・祝)新潟67-70川崎


■スコア
新潟アルビレックスBB67-70川崎ブレイブサンダース
1Q 20-18

2Q 14-22
3Q 13-19
4Q 20-11

■スターディング5
「新潟」
#3 柏木真介

#7 五十嵐圭
#22 上江田勇樹
#33 ニック・パーキンズ
#34 ラモント・ハミルトン

「川崎」
#7 篠山竜青
#14 辻直人
#22 ニック・ファジーカス
#24 大塚裕土
#35 ジョーダン・ヒース

■主な個人成績

#33 ニック・パーキンズ 23得点、11リバウンド
#30 今村佳太 14得点、5アシスト
#34 ラモント・ハミルトン 12得点、8リバウンド、4アシスト
#7 五十嵐圭 8得点、7アシスト
#3 柏木真介 5得点、3リバウンド、3アシスト


■試合後コメント
【庄司和広ヘッドコーチ】
本日も台風で大変な中、こうして試合をさせていただきありがとうございます。
ゲームは昨日の反省点を活かし、スタートでディフェンスのトーンをしっかりセットできるようにという中で入りましたが、そこはベテランがしっかりとセットしてくれたので非常に良かったです。藤井選手は今回一番気を付けていたところでしたが、2Qで少しレイジーに守ってしまい、3Pシュートで大きくビハインドを背負ってしまいましたが、その後はチームとしてステップアップが出来たと思います。ただ、リバウンドは今後チームとして改善をしていかなければならないですし、川崎相手にアシストも21ついているのでボールは動いていたと思いますが、川崎のターンオーバーに助けられた部分もあるので、ターンオーバーの数を必然にできるようにチームとしてプレッシャーをかけながら引き続きやっていきます。

【#7 五十嵐圭選手】

(昨日の試合より良かったと思いますがどうですか?)
試合の入りは昨日より意識をして、悪い入りではありませんでした。2Qで相手の流れになったときにずるずるといってしまい14点くらい離されてしまい、そこで私たちがアクションを起こすことが出来なかったので、結局その流れが3Qまで来てしまいまいした。4Qで少し巻き返しは出来ましたが、相手のミスにも助けられました。結果だけ見れば3点差ですが、内容的には良くなかったです。昨日の試合で修正しなければいけなかったアウトサイドシュートも確立が悪かったですし、そこがもう少し入ってくると流れを私たちの方に持ってこれたと思うので、我慢強くやっていくしかないです。
 
(ディフェンスはだいぶ良くなってきた感じでしょうか?)
川崎がターンオーバーを21回してくれているので、川崎のミスに助けられていました。自分たちが特別に良いわけではなく、途中、単発になってしまうことがあるので、それがなくならないと勝てないです。チームの意思疎通がコート内であまり取れていないので、それはみんなで軸を作っていかないといけないですし、それがどこなのかを探しながらやっているという感じです。
 
(明後日、三河との試合ですがどのように臨みますか?)
アウェイ戦でタフなスケジュールになりますが、相手は得点力のあるチームなので、まずはディフェンスからしっかり入り、我慢強くやっていくことが大事です。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店