MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】9/7(土)プレシーズンゲーム佐渡大会vs福島ファイヤーボンズ

[2019.09.07] 【試合結果】9/7(土)プレシーズンゲーム佐渡大会vs福島ファイヤーボンズ

9/7(土)新潟88-76福島


■スコア
新潟アルビレックスBB88-76福島ファイヤーボンズ

1Q 23-18
2Q 13-27
3Q 37-19
4Q 15-12

■スターディング5
「新潟」
#3 柏木真介

#7 五十嵐圭
#30 今村佳太
#33 ニック・パーキンズ
#34 ラモント・ハミルトン

「福島」
#1 シャヒード・デイビス
#8 村上慎也
#9 神原裕司
#15 チリジ・ネパウエ
#34 前田陽介

■主な個人成績
#30 今村佳太 23得点、5リバウンド、3アシスト
#33 ニック・パーキンズ 20得点、11リバウンド
#34 ラモント・ハミルトン 15得点、7リバウンド、4アシスト
#3 柏木真介 9得点、4アシスト
#7 五十嵐圭 9得点、7アシスト
#22 上江田勇樹 5得点


 ■試合後コメント


【庄司和広ヘッドコーチ】
戦う準備ができていなかったです。この試合の意味を理解していない選手が何人かいました。ゲームに入るモチベーションやトーンがセットできていなかったことが、戦う相手を間違えたり、チームでやるべきことを怠って個人に走ってしまいました。ただ、3Qでしっかり修正できたことが良かったです。全体的には課題の残る試合でした。
(今村が23得点で良かったと思うが?)打つべきところでしっかり打てていて、打ち切ることが出来ていたのがすごく良かったです。
(明日の試合の入りは?)入りはすごく大事です。これはプレシーズンゲームだからや相手によってではなく習慣にしなければなりません。ゲームは必ず入りと終わりが大事なのでそこに対して最高の準備をしなければなりません。入り方でトーンがセットされるのでそこのプライドはしっかり持たなければなりません。

【#30 今村佳太選手】

(今日の試合はどうだったか?)先輩方が作ってくださったシチュエーションで良いスペーシングを取ることができ、結果的にシュートが入ったので良かったです。
(1Qは安定したシュートだったが?)最初にターンオーバーが2つついてしまったので、そこは取り返さなければいけないという思いがありました。自分が貢献できる部分が得点なので積極的に打ちにいった結果が良い結果に繋がりました。
(仙台戦が終わって意識した部分は?)仙台戦はアタックの部分が少なかったので(今回は)積極的にアタックをして、ペイントタッチしていこうという意識を持っていました。
(その辺はできた?)外のシュートがメインとなりましたが、それでもペイントタッチを何回か出来ていいクリエイトでアシストもできたので良かったです。ただ、外国籍選手がいてもアタックして決めきらなければいけないので、そこが今後の課題かなと思います。
 

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店