MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】3/30(土)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第31節vs三遠ネオフェニックス GAME1

[2019.03.30] 【試合結果】3/30(土)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第31節vs三遠ネオフェニックス GAME1

3/30(土)新潟76-55三遠


■スコア
新潟アルビレックスBB76-55三遠ネオフェニックス

1Q 21-16
2Q 22-14
3Q 20-17
4Q 13-8

■スターディング5
「新潟」
#3 柏木真介

#7 五十嵐圭
#22 上江田勇樹
#34 ラモント・ハミルトン
#54 ダバンテ・ガードナー

「三遠」
#5 川嶋勇人
#6 長谷川智伸
#15 鈴木達也
#22 セドリック・シモンズ
#45 ウィリアム・マクドナルド

■主な個人成績

#54 ダバンテ・ガードナー 29得点、7リバウンド
#34 ラモント・ハミルトン 18得点、12リバウンド、3アシスト
#7 五十嵐圭 7得点、3リバウンド、6アシスト
#3 柏木真介 5得点、5アシスト
#22 上江田勇樹 5得点、3リバウンド
#32 池田雄一 5得点
#16 渡辺竜之佑 8リバウンド

スタッツはこちらをご覧ください。

■試合後コメント
【庄司和広ヘッドコーチ】

非常にたくさんのお客様、そして素晴らしい会場の中でプレーをさせていただきありがとうございました。
前節の川崎さんの敗戦から自分たちのやるべきことをもう一度見つめ直そう、自分たちのやるべきことにフォーカスを当てて試合に臨みました。三遠さんもとても素晴らしいチームなので、点差以上に難しいゲームでした。明日はまた違うゲームになると思ういますし、今日はミスが多かったので、もう一度丁寧にやり直していきたいです。(初めてのチャンピオンシップ進出が決まったが?)これまでずっとチャンピオンシップ進出を目標にやってきました。チャンピオンシップ進出が決まった今、選手たちが考えているのは次の目標の地区優勝です。今度は、次の目標に向かって頑張っていこうとチームスタッフ、選手は考えています。(ブースターの方へは?)対戦チームのブースターもそうですが、たくさんの方がチームを見守ってくれている環境の中でプレーをさせていただいていることに感謝しかないです。ブースターの皆さんの後押しがあったからこそホームでもアウェイでも良いゲームが出来てると思います。

【#11 鵜澤潤選手】
(チャンピオンシップを決めた感想は?)シーズン序盤からこの目標に向けて、ひとつひとつ積み重ねてきたことが実ったのかなと思います。(川崎戦で負けた後の気持ちの切り替えは?)正直、痛い敗戦ではありましたが、次の試合がすぐにあったので切り替えていくしかないという感じでした。改めてみんなで話し合うとかはなく、私たちは特に成し遂げたことのあるチームではないので、いつも通りに目の前の試合を戦っていくだけです。(チャンピオンシップが決まった以上、次の目標も変わると思うが?)ヘッドコーチも強調して言っていましたが、そこもいつも通り積み重ねていくしかないですし、もちろんそうなると川崎との試合もいつも以上にフォーカスをして準備をしていけないなという感じになると思います。ですが、川崎はチャンピオンシップ常連チームですので、順位こそ上ではありますがそこにチャレンジするつもりで、川崎に関わらずまだ残っている試合全てにおいて、チャレンジャーの意識を忘れずに戦っていきたいと思います。そこに、地区優勝がついてきたら非常に嬉しいことですし、あまり意識しすぎて自分たちのやらなければならないことを見失うのも怖いので、今まで通りにやっていきたいです。(今日の試合を振り返って?)主力選手を休ませつつもしっかりセカンドユニットが繋げられるように、ヘッドコーチがコントロールしてくれました。結果的には勝ちましたが、内容的にはまだまだです。人が変わって質が落ちるのではなく、人が変わっても一定を保てるように心がけていかなければならないなと思います。

【#7 五十嵐圭選手】
当初から自分たちが目標に掲げていたチャンピオンシップに進出できたのは素直に喜びたいと思います。ただ、自分たちが置かれている状況は、進出だけでなく中地区優勝を狙える位置にいるので、そこは自分たちがコントロール出来る状況でもあるので、チャンピオンシップ進出が決まったことに対して喜びながら、もう一つ上の中地区優勝を目指してやっていきたいなと思います。(連戦の中での今日の試合だったが?)水曜日(川崎戦)はとても重要な試合であり負けてはしましましたが、今日の試合に向けて個人的にもチームとしても気持ちを切り替えて臨めたというのはとても良かったと思います。試合の入りや試合中でもコミュニケーションを取りながら、ディフェンスの部分で失点を抑えることが出来たので良かったなと思います。(セカンドユニットが多く出た試合になったが?)セカンドユニットもコートに出たときはみんな良い仕事をしていましたし、セカンドユニットが良い働きをしている分、スタートで出ているメンバーももう一度気を引き締めて3Qに良いプレーが出来たと思います。ただ、もうひと段階上に行くには、少し点差が開いたときにプレーが雑になってしまったりするので、そういったところを修正していかないとと思います。チャンピオンシップでの戦い、今後の戦いで同じようなミスをして負けることもあると思うので、40分間集中してチームが目指しているバスケットが出来るようにしていきたいです。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店