MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】3/27(水)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第30節vs川崎ブレイブサンダース

[2019.03.27] 【試合結果】3/27(水)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第30節vs川崎ブレイブサンダース

3/27(水)新潟62-67川崎


■スコア
新潟アルビレックスBB62-67川崎ブレイブサンダース

1Q 14-18
2Q 21-17
3Q 15-20
4Q 12-12

■スターディング5
「新潟」
#3 柏木真介

#7 五十嵐圭
#22 上江田勇樹
#34 ラモント・ハミルトン
#54 ダバンテ・ガードナー

「川崎」
#7 篠山竜青
#14 辻直人
#21 バーノン・マクリン
#22 ニック・ファジーカス
#33 長谷川技

■主な個人成績

#54 ダバンテ・ガードナー 39得点、9リバウンド、3アシスト
#34 ラモント・ハミルトン 11得点、11リバウンド
#3 柏木真介 5得点

スタッツはこちらをご覧ください。

■試合後コメント
【庄司和広ヘッドコーチ】

平日にも関わらずたくさんの方にご来場いただきありがとうございました。
試合は、私たちの望んでいた結果ではありませんでしたが、選手は一生懸命プレーをしてくれたと思います。ディフェンスの部分で(川崎を)67点に抑えたのは非常に良かったと思います。ただ、自分たちの3Pのアテンプトが33本と2Pを超える本数で、(3Pの成功)確率が低い中で打ち続けたことが敗因だと思います。後半は2Pでと伝えたのですが、どうしても外が開いてしまいそこで打ってしまいました。オープンなので打ったと思いますが、今日のゲームの敗因は、シュートの確率が上がって来なかったところに尽きると思います。4Qオフィシャルタイム明けも3Pから入ってしまい力及ばずという結果になりました。疲れもあると思いますが、まだまだ試合は続くのでしっかり(週末の)アウェイ三遠戦で勝って(新潟に)戻ってきたいと思います。

【#3 柏木真介選手】
今日は、アウトサイドシュートが入らなかったこと、オフェンスが単調になってしまったところ(が敗因)だと思います。ディフェンスに関しては、そんなに悪くなかったと思います。ルーズボールからシュートを決められてしまったので、そういったところをちゃんとやらないと強い相手には勝てないんだなと改めて思いました。(辻には3P入れさせないようにきっちりマークをしてたが?)今日は、ディフェンスに集中していました。辻をマークすることはできましたが後半、足が疲れてしまったというのが正直ありました。足が疲れた分、オフェンスのシュートに影響しました。そこが、自分の中では力尽きたなという思いです。自分の中で動かないという感覚があったので、疲労が残っているのかなと感じました。チームとしても全体的にあれだけシュートが入らないというのは、やっぱり疲労が残っているところもありますし、ああいう展開になった時に違う戦い方が出来るようになれば良い結果もついてくると思います。ただ、そこまでチームとして行けていないのでそういったところも一つずつ成長していけたらいいなと思います。(三遠戦は負けられない戦いになると思うが?)特別なことをやるのではなく、今までやってきたことが出来れば、どこが相手でも勝てるゲームが出来るし、それが出来なければ今日みたいな試合になってしまいます。まずはしっかりリセットして、三遠戦では今までやってきたことを徹底して出来るように臨みたいです。

【#54 ダバンテ・ガードナー選手】
(大阪戦に続くフル出場だったがコンディションは?)木曜日、金曜日にしっかり休んで土日にしっかり戦えるよう準備をしたいです。(どうしてもダバンテに偏ってしまった試合展開だったが?)今日は、外からのシュートを決めることが出来なかったのでそれが一つの要因になったのかなと思います。(前半は24得点だったが?)とにかく勝ちたいという思いでプレーをしました。(勝てばチャンピオンシップ進出が決まったが?)正直チャンピオンシップ進出を決めることは、今の時点でかなり可能性が高いと思うので、どちらかというよりも負けたことについてがっかりしています。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店