MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】3/24(日)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第29節vs大阪エヴェッサ GAME2

[2019.03.25] 【試合結果】3/24(日)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第29節vs大阪エヴェッサ GAME2

3/24(日)新潟92-84大阪


■スコア
新潟アルビレックスBB92-84大阪エヴェッサ

1Q 16-20
2Q 21-18
3Q 23-24
4Q 32-22

■スターディング5
「新潟」
#3 柏木真介

#7 五十嵐圭
#22 上江田勇樹
#34 ラモント・ハミルトン
#54 ダバンテ・ガードナー

「大阪」
#1 今野翔太
#15 根来新之助
#17 木下博之
#25 エグゼビア・ギブソン
#55 ジョシュ・ハレルソン

■主な個人成績

#54 ダバンテ・ガードナー 37得点、7リバウンド、3アシスト
#34 ラモント・ハミルトン 17得点、8リバウンド、4アシスト
#3 柏木真介 13得点、6リバウンド
#7 五十嵐圭 12得点、3リバウンド、7アシスト
#32 池田雄一 8得点
#22 上江田勇樹 5得点

スタッツはこちらをご覧ください。

■試合後コメント
【庄司和広ヘッドコーチ】
昨日に引き続き、4,000人を超えるお客様に来場していただきありがとうございます素晴らしい会場と素晴らしい声援の中で白熱した試合を出来たのは、とても良かったです。ただ、ゲームの内容は、あきらかに私たちのチームが良くなく、評価されるものではないです。自分たちがコントロール出来るボールを失ってしまうケースが多かったです。ターンオーバーからの失点やファウルトラブルがクロスゲームとなった原因だと思います。そういう中でも最後、勝ちゲームに持っていけたのは非常に良かったですが、残り11試合を戦う中でこういうゲーム展開は避けていきたいです。その為にもう一度チームとしてやるべきことをやる、そして選手とスタッフ合わせて、チーム一丸で残り11試合を大切に丁寧に戦っていきたいです。

【#22 上江田勇樹選手】
(良いところで3Pが決まりましたが)昨日からいい感じでシュートタッチが良かったので、チャンスがあれば決めようと思っていて、ああいう場面でラモントからパスが来てたので、これは決めるしかないなと思い自信を持って打ちました。今日の試合はずっと我慢のゲームだったので我慢をしきれたのがチームにとって良かったと思います。後半にかけては徐々に本来のダバンテを中心にしたセットオフェンスで圭さんも外から(シュートが)入っていて本来の形になりつつあり、流れもできている状態だったので、それが1Qから出来れば良かったですが、結果的に4Q後半に自分たちのバスケットが出来たことが逆転に繋がり一気に流れが来たのかなと思います。(我慢の中で勝った試合は大きかった?)次は川崎戦ですし、その後も試合は続くのでこういった我慢する試合や接戦を取れるというのはチームとしてもステップアップしていくのかなと思います

【#34 ラモント・ハミルトン選手】
(大事な場面で3Pを決めたがどういう気持ちで打った?)圭さんがとてもいいタイミングでパスをくれたので何も考えずシュートを思い切り打ちました。(どういう気持ちでコートに立ったか?)大阪は力を持っているチームだと思いますし、ターンオーバーといった様々なミスが起こったので、それは大阪が引き起こした部分もあるのですが、それをしっかり取り返す為に最後は力強く(プレーを)しなければいけないなと思いました。(昨日も今日もシュートを決めたり調子が良さそうだが?)とにかく今は、チームが勝つ為に自分がどういうことが出来るかと考えて、出来ることにフォーカスをして全力で取り組んでいます。(次は川崎戦だが?)川崎はとても良いチームで前回のホームゲームでは1勝1敗なのでしっかり集中することと力強くプレーすることが大切だと思います僕たちのバスケットが出来れば必ず勝つことが出来ると思います。そして、たくさんのファンの方々が僕たちの後ろにいるのでそのアドバンテージも(勝つ要因で)あります。

 

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店