MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】1/23(水)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第20節vs富山グラウジーズ

[2019.01.24] 【試合結果】1/23(水)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第20節vs富山グラウジーズ

1/23(水)新潟80-71富山


■スコア
新潟アルビレックスBB80-71富山グラウジーズ

1Q 29-19
2Q 11-16

3Q 18-24

4Q 22-12


■スターディング5
「新潟」
#3 柏木真介

#7 五十嵐圭
#16 渡辺竜之佑
#34 ラモント・ハミルトン
#54 ダバンテ・ガードナー

「富山」
#0 レオ・ライオンズ
#6 船生誠也
#11 宇都直輝
#24 大塚裕士
#34 ジョシュア・スミス

■主な個人成績

#54 ダバンテ・ガードナー 24得点、10リバウンド、3アシスト
#7 五十嵐圭 21得点、5アシスト、3スティール
#34 ラモント・ハミルトン 13得点、10リバウンド、
#11鵜澤潤  8得点
#14 石井俊平 6得点
#3 柏木真介 5得点、5アシスト、3スティール

スタッツはこちらをご覧ください。

■試合後コメント
【庄司和
広ヘッドコーチ】
平日にも関わらずたくさんのお客様にご来場いただき、また、ホームゲームということで、新潟の(ブースターの皆様の)大きなご声援、後押しのおかげで後半、ステップアップ出来たと思っています。
出だしは準備してきた通りに出来たのですが、セカンドユニットのところでエクスキュートがうまく出来なかったり、プランから外れてしまうなどといったことがありました。なので、チームのやるべきことに対して、もっと強い強度でやっていかなければならないと思っています。そして、ターンオーバーが久しぶりに多かったのとオフェンスリバウンドの課題が出ましたが、その中でも勝ち切れたことは非常に良かったと思います。チームとして成長を感じますが、戦う相手を間違えると今日のようなゲームになってしまうので、自分たちのやるなければいけないこと、正しいことをやり続けことが大切だと再確認出来たゲームでした。

【#7 五十嵐圭選手】
年が明けてから試合は何試合かありましたが、ホームでは今年初めての試合で今までの流れから勝つということを考えてやり、しっかりと勝つことが出来て良かったです。(3Pシュート300本達成したが?)特に意識はしていませんでした。試合に入ったら今まで同様、チャンスがあればシュートを狙っていくという中で、前半に良いシュートを打てて、その流れで2本目を決めることが出来ました。ただ、結果として3Pの確率はあまり良くなかったので、そこを上げていくのが今後の課題でもありますし、記録を達成できたのはチームメイトや関係者の皆さんのおかげなので、感謝の気持ちを忘れずにこれからも続けていければ良いなと思います。(今日で7連勝だが?)連勝もしていて、勝率的には勝ち星も先行していますが、個人的には目の前の試合を一戦一戦、戦っていくことを意識しているので、連勝だったり順位は気にせず、まずは、目の前の試合に集中して戦っていくということを考えていきたいです。最終的にチャンピオンシップに進出することを目標にやっていきたいなと思います。

【#54 ダバンテ・ガードナー選手】
ラストゲームから1週間(オースターゲームは除く)空き、そのせいもあってか少しミスが出てしまった。それでもチームで戦って勝つことが出来たからよかった。(3Qで意識したことは?)圭さんと真介さんとのピックアンドロールをすることを心掛けた。そして、富山のライオンズ選手とスミス選手はリバウンドが強い選手でそこに負けないよう、リバウンドにフォーカスをあててプレーをした。最後の方は、チームでハドルを組んで意識を統一して戦うことが出来た。シーズンを通して終盤は、良いプレーが出来ていると感じている。(次の福岡戦は?)今までやって来たように同じようなプレーを続けていきたいなと思う。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店