MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】11/7(水)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第8節vsシーホース三河

[2018.11.08] 【試合結果】11/7(水)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第8節vsシーホース三河

11/7(水)新潟76-70三河

■スコア
新潟アルビレックスBB76-70シーホース三河

1Q 24-14
2Q 16-18
3Q 13-19
4Q 23-19

■スターディング5
「新潟」

#3 柏木真介
#7 五十嵐圭
#22 上江田勇樹
#34 ラモント・ハミルトン
#54 ダバンテ・ガードナー

「三河」
#5 アイザック・バッツ
#14 金丸晃輔
#24 加藤寿一
#32 桜木ジェイアール
#46 生原秀将

■主な個人成績
#34 ラモント・ハミルトン 22得点、9リバウンド、2アシスト
#7 五十嵐圭 20得点、4アシスト
#54 ダバンテ・ガードナー 20得点、11リバウンド、4アシスト
#22 上江田勇樹 7得点

スタッツはこちらをご覧ください。


■試合後コメント

【庄司和広ヘッドコーチ】
細かいことはいろいろあるが、すごくいい試合だった。メンバーも変えたかったが、相手チームが(メンバーを)変えてこなかったので、変えるタイミングがなく、プレータイムのシェアが出来なかった。しかし、水曜日は1試合だけなので、(体力を)使い切ると判断し、それを遂行しました。
4Qでビハインドを背負った中でも、追いつけた、追い越せたことは、チームの成長を感じる。強い三河を相手に、各クォーターを20点以下に抑えられたのは、チームにとって良いことだった。

【五十嵐圭選手】
とにかく我慢強く、前半はいい形で試合を進めることができた。3Qで逆転されたが、落ち着いて自分たちのプレーをやることを心掛けていた。(シュートについては?)ノーマークでシュートは打てていたが、確率が上がってこなかった。ただ、チャンスがあれば自分がシュートを狙うというのは今シーズン目標にしていること。打ち続けた中で、最後いい形で入ってくれたのが良かった。(三河に勝てたことについては?)7連勝している三河に対して、自分たちの今いる位置(順位)という部分でも、いいチャレンジだっていた。その中でも、しっかり勝ち切ることができたのは大きい。ただ、これからも対戦が続くので、今日は今日でしっかり振り返り、週末の北海道戦に向けて準備をしていきたい。


【#34 ラモント・ハミルトン選手】
三河が相手だからどうとかではなく、とにかく強くゲームに入りたかった。スコアは積極的に、アグレッシブに取りに行こうと考えていた。今日のゲームの中で、いいチャンスを掴むには出だしが大事だと思っていたので、積極的にシュートを打った。(横浜戦から3Pの確率が良くなっているが?)練習後にシュート練習をしている。それで感覚が良くなっている。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店