MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】10/24(水)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第5節 横浜ビー・コルセアーズ戦

[2018.10.25] 【試合結果】10/24(水)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第5節 横浜ビー・コルセアーズ戦

10/24(水)新潟88-72横浜


■スコア
新潟アルビレックスBB88-72横浜ビー・コルセアーズ
1Q 25-20
2Q 20-12
3Q 18-19
4Q 25-21

■スターティング5
「新潟」
#3 柏木真介
#7 五十嵐圭
#16 渡辺竜之佑
#34 ラモント・ハミルトン
#54 ダバンテ・ガードナー

「横浜」
#1 川村卓也
#8 アマンゼ・エケゲゼ
#12 ジャボン・マックレア
#21 田渡凌
#32 エドワード・モリス

■主な個人成績
#54 ダバンテ・ガードナー 39得点、16リバウンド、5アシスト
#3 柏木真介 16得点、7アシスト
#22 上江田勇樹 11得点
#7 五十嵐圭 9得点、6リバウンド、6アシスト
#11 鵜澤潤 8得点、3リバウンド、3アシスト

スタッツはこちらをご覧ください。

【庄司和広ヘッドコーチ】
平日にも関わらずたくさんの方にご来場いただき、対戦チームではありますがそういった環境で試合できるのはありがたいと思います。
試合は、ラモントが不在という中でも、慌てることなくゲームに入れた。前節の千葉戦で、『ステップアップしなければいけない』という話をしていて、全選手がステップアップする準備ができていたので、良いゲーム展開ができました。そして、ペースをコントロールしようという中で、(相手チームは)ゾーンディフェンス中心で、五十嵐とダバンテを長くプレーさせてしまったことは、オンザコート1で戦わなければいけない時の課題だと思っています。(我々も)ゾーンディフェンスをする機会はたくさんあったが、千葉戦からディフェンスの意識付けというところで足を動かしてくれていたので、ゾーンではなくマンツーマンで通すことができたのが1番の勝因かなと思います。

【#11 鵜澤潤選手コメント】
相手がオンザコート3で、ゾーンの攻略とリバウンドはみんなで体を張ってボックスアウトしようと思っていて、チームとして遂行できた。
(自分のパフォーマンスについては?)決して満足はしていない。チームにプラスになる働きは少しはできたと思う。リバウンドは取られないようにと意識していた。リングの近くでボールを待たせないということを意識していたので、40分を通して納得はいかないが、チームとしては良くできたと思う。
どんな状況であれ、ここでステップアップできたから自信を持って次に臨みたい。次はホームなので、ブースターの方の力も借りて、連勝をスタートできるようにチームとして1つになって頑張りたいです。

【#54 ダバンテ・ガードナー選手コメント】
横浜もいいチームでタフなゲームになると思っていた。
(自身のパフォーマンスについては?)まあまあの仕事ができた。4つのターンオーバーをしているところは納得がいかない。ラモントが怪我でいなくなった時点で、自分が40分プレーすることは、覚悟していた。
出た選手みんながステップアップできたから勝てたと思う。

 

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店