MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】10/21(日)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第4節 千葉ジェッツ戦GAME2

[2018.10.21] 【試合結果】10/21(日)B.LEAGUE 2018-19シーズン B1リーグ 第4節 千葉ジェッツ戦GAME2

10/21(日)新潟87-94千葉


■スコア
新潟アルビレックスBB87-94千葉ジェッツ
1Q 22-30
2Q 24-17
3Q 17-23
4Q 24-24

■スターティング5
「新潟」
#3 柏木真介
#7 五十嵐圭
#22 上江田勇樹
#34 ラモント・ハミルトン
#54 ダバンテ・ガードナー

「千葉」
#2 富樫勇樹
#3 マイケル・パーカー
#21 ギャビン・エドワーズ
#27 石井講祐
#34 小野龍猛

■主な個人成績
#54 ダバンテ・ガードナー 24得点、7リバウンド
#3 柏木真介 17得点、2アシスト
#34 ラモント・ハミルトン 17得点、12リバウンド

#9 五十嵐圭 12得点、2リバウンド、5アシスト
#11 鵜澤潤 8得点
#22 上江田勇樹 5得点、2アシスト


スタッツはこちらをご覧ください。

【庄司和広ヘッドコーチ】
2日間、満員のお客様の前でプレーできたことは、選手がいつも以上の力を発揮することに繋がったと思います。モチベーションも高く、素晴らしい会場でプレーをさせていただきました。ありがとうございました。
試合は、昨日の反省点、(千葉の)強みであるトランジションとオフェンスリバウンドを取られないようにというところで、最初に2本のオフェンスリバウンドからセカンドチャンスで得点を決められた。早めにタイムアウトを取って修正したかったが、1Qはハイスコアになってしまった。2Qはリバウンドを保持して自分たちのオフェンスをしていけば形になると話をした。外寄りになってしまったが、良くプレーできたと思う。(昨日プレータイプが少なかった)鵜澤や上江田がステップアップし、試合の形を作れたのは非常に良かった。そして、外国籍選手の2人も疲れている中でハードにプレーしてくれた。最後勝ちきれなかった理由としては、ターンオーバーが14個あると難しいゲームになってしまう。千葉は局面を変える力を持ってる選手が何人もいる。そこが対戦チームとして難しいし、逆にいい経験をすることができた。この経験を次のゲームに活かしていきたい。

【#3 柏木真介選手コメント】
内容は昨日と同じで、出だしで走られ、勝負所でディフェンス、リバウンドで踏ん張れなかった。そこは昨日、今日と改善はしつつも、最後そこで決められたかなと思う。もっと上に行くにはそういった所を徹底していかないといけないと思う。昨日も今日も負けはしたが、本当に収穫の多いゲームだったし、ダメな所だけでなく良い所もたくさんあったと思う。今日のゲームで(昨日)控えのメンバーが出た中で、しっかり戦えたから良かった。今日負けたからと下を向くのではなく、良い所を継続することでチーム力も上がってくると思う。そういったことをしっかりとやっていきたい。

【#11 鵜澤潤選手コメント】
勝負所(残り5分)の時間帯で自分たちの精度が甘かった。(相手チームの方が)チームルールをしっかり徹底していたので、負けて悔しいですが、見習わないといけないなと思いました。
(1Q2Qで良い流れを作り出せたのでは?)良い流れは作れたのかなと思います。良いタイミングでボールが来た時には、シュートは狙おうと思っていたので、それが入ってくれて良い流れになった。やはり、(自分たちのチームは)ディフェンスの強度が千葉と比べて弱いかなと思う。チームとしての課題は明白なので、そこをしっかり突き詰め、ディフェンスの精度を高め、シーズンを戦っていきたい。

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店