MENU

新潟アルビレックスBB

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 城宝匡史選手、輪島射矢選手入団記者会見のご報告

[2017.07.19] 城宝匡史選手、輪島射矢選手入団記者会見のご報告

いつも新潟アルビレックスBBへ温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。
新潟アルビレックスBBでは、「城宝匡史選手、輪島射矢選手入団記者会見」を執り行いましたのでご報告いたします。

DSC_7741.jpg

城宝匡史選手、輪島射矢選手入団記者会見

■株式会社新潟プロバスケットボール
代表取締役社長 小菅 学

DSC_7675.jpg

Bリーグ2年目を迎えるにあたり、チームとしてさらに高い位置を目指していくために城宝選手には大きな決断していただきました。輪島選手は学生時代新潟にいて、私も良く知っておりますが、この度通訳兼任として加入となります。宜しくお願いいたします。

■#31 城宝 匡史

DSC_7732.jpg

このチームに来たのは自分の成長のため、そして小菅社長の熱い思いがあり移籍を決断しました。より高いレベルのバスケットをして、このチームを助けたいと思っています。今シーズン宜しくお願いします。

■#41 輪島 射矢

DSC_7727.jpg

学生時代から小菅社長には可愛がっていただいて、そのような縁もあり入団させていただくこととなりました。どのようなかたちでチームに貢献できるか分からないですが、通訳兼任ですので、とにかくチームのために尽力していきたいです。宜しくお願いします。

質疑応答

Q.城宝選手獲得の意図は?(小菅)

昨シーズンは外国籍選手の得点力がメインのチームで、裏を返せば日本人選手の得点力の低さを露呈していました。そのような中、bjリーグ、Bリーグで相当な得点力を発揮している城宝選手に加入いただくことで(オフェンスで)的を絞らせず、チームの勝ちに繋げていく狙いがあります。

Q.移籍の決め手は?(城宝、輪島)

僕はもう小菅社長が決め手です。何度か移籍を経験していますが、必要としてくれるチームに行くことで成功してきたと思っています。小菅社長の熱い思いを受けて、このチームでプレーしたいと思いました。(城宝)

学生時代新潟にいたのですが、その頃から新潟アルビレックスBBは憧れのチームでした。僕は新潟が第二の故郷だと思っていますし、どのように貢献できるか分かりませんが、まずはプレーで貢献したいという気持ちもあり決断しました。(輪島)

Q.新潟アルビレックスBBの印象は?(城宝)

これまで新潟と富山はライバルのような関係で、ブースターの皆さんも応援しあっている印象です。また、僕はbjリーグ初年度からプレーしていますが、その頃から新潟は毎年良いチームという印象があります。昨季は強力な外国籍選手や五十嵐圭さんを中心に良いチームだという印象でした。対戦するのは嫌な相手でした。

Q.新潟に加入した今の心境は?(城宝)

まずはオレンジが似合うかどうか心配です(笑)。対戦相手の時はブーイングされたりもしてきましたが、これが味方になると思うと、とても楽しみです。

Q.どんなプレーを見てほしい?(城宝、輪島)

昨シーズン新潟は日本人選手の3Pの確率が高くなかった。僕は3Pが得意なので、チームの助けになりたいです。また、3Pだけでなく、ドライブインやカットインなど、インサイドに入ってからのシュートも得意なので、得点面でチームに貢献していきたいです。(城宝)

僕も3Pが持ち味だと思っています。チームに流れが欲しいときに決めて、雰囲気を変えるのが自分の役割だと思っています。そのようなかたちでチームに貢献したいです。(輪島)

DSC_7753.jpg

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店